スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年巨人の戦力が相当にヤバい点

※これはDELTAのメールマガジンに寄稿した記事の一部改訂版です。

現在、巨人で支配下登録されている投手は30人だが、知っての通り高木京介が野球賭博行為を行っていたとのことで、試合に出られる人数は29人となってしまった。ここからマイコラス(右肩治療のため帰国)、杉内俊哉(股関節手術)、大竹寛(左足肉離れ)らが当面の間は計算が立たない状態。宮國椋丞らも2軍で調整中と、謹慎中の高木京介を合わせると1軍戦力の5~6人が欠けての開幕となりそう。

開幕1軍は残る23~24人で争うかと思いきや、来日3年目のメンドーサが外国人枠の関係で昇格出来なければ、1軍戦力がさらにまた1人減ることになる。ここから1軍、2軍に振り分けると11~12人ずつという計算は立てられるが、ペナントレースが本格的に動き出すとブルペンには7人以上置くケースも出て来る。ちなみに昨シーズン、1軍に投手を12人以上置いたのは107試合、うち8試合は13人登録していた。1軍戦力を13人とするなら、ファームは10~11人で回さなければいけない可能性も出て来る。

さらにもう一つ大きな問題が。巨人は今季から3軍制を敷き、年間90試合を予定している。3軍で戦うことになる育成選手は現在、12人の投手が登録されているが、この育成選手たちは昨年まで2軍の試合に出場していた。つまり、今季はファームの試合をサポート出来ない可能性が非常に高い。

「黒い霧事件」で、永久追補者を4人も出してしまった当時の西鉄は、1968年から1969年にかけてチーム総イニング数の60%に当たる投手が4人も抜けてしまった。そのため、チームは1970年から3年連続最下位の屈辱を味わってしまう。今回の巨人も4人の投手が解雇もしくは謹慎処分となったが、チーム総イニングから見れば過去2年間で5~6%のシェアに過ぎず、1軍の戦力に限っては高木京投手の穴が痛い程度と思われている。

しかし巨人は昨シーズン、育成登録を含めて39人の投手が在籍(支配下登録33人、育成登録6人)し、1軍と2軍合わせて259試合、守備イニングで2318.2IPを戦っていた。今シーズンもほぼ同じ試合数、同じイニング数を戦う予定だが、前述した通り現在の支配下登録投手は実質29人、育成選手は3軍の試合で借り出せないことを踏まえると、巨人の1軍と2軍は昨シーズンより10人も少ない人数で戦わなければならない。

そのため、支配下登録選手の減少と故障者の人数、そして新たに加わった3軍の試合数により、投手1人あたりが担当するイニング数が急激に増す恐れがある。

巨人担当イニング

データの通り、昨シーズンの巨人は、1軍と2軍合わせた総イニング数で1人あたり59.45IPを担当。今シーズンは、このまま選手を補充しなければ1人あたり80.38IPにまで増えることになる。80イニングというと多いのか少ないのかわからない人も多いかもしれないが、1軍のクローザーもしくはセットアップクラスは年間だいたい60~70IP、先発だと1試合平均6イニング登板するとして約13試合。れっきとした戦力でなければ賄えない数字である。

さらに、今後野球賭博による謹慎処分などが増えたらどうなるか。一応、故障者を想定して戦力が減ったときの担当イニングも出しているが、状況次第では戦力が潰れてしまう恐れも出て来る。これは1軍の戦力だけでなく、球団全体の大きな問題だ。


昨年のドラフトでは、抜けた戦力分を楽観視していたのか、即戦力はドラ1の桜井俊貴とドラ7位の中川皓太の2名しか指名せず。退団者の穴埋めをしないまま、3軍制を強行したともいえる。

巨人にはやや気の毒な理由もあった。野球賭博行使で無期限失格選手となった笠原将生ら3投手の処分が、ドラフト会議を跨いでのことだっただけに、編成上の難しさはあったかもしれない。しかし、11月を過ぎれば他球団から戦力外となった投手が何人もいただけに、最低限の穴埋めをしなかったのは編成面でも落ち度があったと言わざるを得ない。現在の支配下登録は65人。投手をあと2人は補充出来たはずだ。

投手が足りなくなれば、球団は以下の方法を選択するしかない。

1) 獲得可能な国内選手を途中入団させる(ただし1度でもNPBに入団したことのある経験者)。
2) 分が悪いのを覚悟して他球団とトレード。
3) 外国人投手の入れ替えを頻繁に行う。
4) 3軍の試合を一部取り止める。

1)は打撃投手の育成契約が現実的だが、1軍戦力のサポートとはならない。2)は将来的に戦力が落ち込むのは必至。3)は解雇すれば原則何人でも対応可能。ただし、7/31までは他球団に移籍されてしまう恐れも出て来る。4)はせっかく試合を組んだ相手に失礼だろう。

笠原たちを解雇したことで、その後の調査が行き届かなくなり、現在トラブルに見舞われているのは承知の通り。しかし、選手として球団に残したとしてもその分支配下枠に取られてしまい、今以上に補強の自由が利かなくなってしまう。現金授受に関しては球界全体の問題となりそうだが、今シーズン巨人の戦力が相当薄い点は、これまでに出てきた球団の膿がもたらしたものだと覚えておきたい。








スポンサーサイト

プロ野球選手の現金授受について

今よりもさらに悪い事態も予想しなければならないかもしれないが、取りあえず今の時点で巨人と阪神、そして西武に試合中の金銭授受の事実が発覚している。該当球団とNPBは、野球協約には抵触しないと解釈しているが、飽くまでも個人的な意見として「自軍の勝敗により現金がチームメイト内を循環している」のは、処罰の対象となっている野球協約第177条(不正行為)や第180条(賭博行為の禁止及び暴力団等との交際禁止)よりも性質が悪いと考えている。

巨人の言い分はこうだ。

引用:2015年5月に5連敗した際に、チーム全体で危機感を共有するために始まった。勝敗のいずれかに賭ける行為ではなく、チームの士気を高めるという、野球協約が禁止する敗退行為とは正反対の目的があり、お金のやり取りは小額で、験担ぎの色合いもあり、賭け事とは全く異質な行為だと説明した。

巨人「敗退行為とは正反対」 「声だし」の金銭授受
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-00000015-ykf-spo

これに対し、いくつかのメディアが報じている俗称「円陣」と呼ばれる行いでは、チームが勝てば1人あたり5000円が「声出し役」に渡り、負けるとその「声出し役」が1000円を人数分支払っていたようだ。NPBの調査委員長を務める大鶴基成弁護士は、「1000円のために、敗退行為を考えるプロ野球選手がいるとは考えられない」としたようだが、「声出し役」から見ればチームが勝てば最大14万円を受け取れるものの、負ければ最大2万8000円を支払わなければならない。決して1000円という話でもない。

巨人、声出しが勝敗で金銭授受 NPB結論違反なし
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-00000009-nksports-base.view-000

巨人にも年俸500~600万円程度の低い年俸の選手がいる。そうした選手が1軍に上がって来たとき、最大14万円の収入と最大2万8000円の支出がチームの勝敗に委ねられているときの心情は、一体どんなものなのだろうか。普通の会社員で例えるなら、業績によって給料が弾む可能性と減額される可能性の二つが共存していることになるだろう。それが会社との決まりで、契約を交わしているならまだしも、殆どの選手はこうした慣習を知らぬまま入団したに違いない。野球はチーム競技。勝ちは自分だけの手柄ではないし、負けの原因も一人の責任ではない。

賭け事の定義は詳しくないが、自分自身の責任以外で収入が増えたり減ったりするのは、一体どう説明すれば良いのか。巨人とNPBの解釈は、年俸の低い選手が「声出し役」に回ったときの立場から見ていない。

さらに重大なのは、プロ野球選手の現金による出納が多過ぎるという点だ。「円陣」だけでなく、監督賞や遅刻やサインミスをしたときの罰金、さらにはメディアへのインタビューに応じたときの謝礼などもこれに含まれるだろう。手持ちの現金が増えたり減ったりすると、つい財布の紐が緩くなってしまう選手が出て来ても不思議ではない。百歩譲って「円陣」が賭け事でないとしても、自分の仕事以外の範囲で現金収支に影響が出るのは賭け事の要素を含んでいるからであり、射幸心が育つ環境にあるといえるだろう。

ここで一旦まとめると、「円陣」はチームを勝たせる以上に選手たちの射幸心を煽り、現金による出納は選手たちの財布の紐を緩める恐れがある。Wikiペディアによると、

引用:射幸心と賭博行為は密接な関係にあり、日本において賭博行為が規制されている根拠は「国民の射幸心をあおるのは勤労によって財産を得ようとするという健全な経済的風俗を害する」という理由による

となっていて、巨人を含むプロ野球チームの一部で蔓延している環境は、野球賭博とはかなり相性が良いともいえる。

射幸心~Wikiペディア~
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%84%E5%B9%B8%E5%BF%83

つまり、「円陣」が賭け事でないと判断しても、現金授受に慣れた選手たちを賭け事に誘い込むのは容易いことだと考えても良いだろう。連鎖を断ち切るには、選手を教育する以上にチーム内での全ての現金授受を控えるべきではないかと思う。個人的には、監督賞や罰金も不要だと考えているが、もしどうしても必要なら専門の球団職員管理の上、明細が残る方法で行えば良い。一般企業でも、個人の収入となるもので現金でのやり取りは極力行わないようにするのが当たり前になってきている。

ただ、野球を職業とする選手が野球賭博を行うのは理解が進まない。野球は野球、賭博は賭博と、どうして切り分けることが出来なかったのだろう。

田中将大ポスティングの是非2

さて、楽天が田中投手をポスティングに掛けなかった場合、一年前のこの話題が気にかかる。

マー3年12億契約もMLB挑戦へ
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121222-1062890.html

記事の中身では、「3年12億円プラス出来高払いの複数年契約を締結。
ただし、来オフにもあらためてポスティング(入札制度)によるメジャー挑戦を行うか、球団と話し合うことができる」
となっているが、残留したときの田中投手の年俸はどうなるのか。

マー君に8億円!誠意見せる!球界最高俸を提示へ
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131218-OHT1T00244.htm

と、誠意という言葉はどうでも良いのだが、この記事のベースになっていると思われるのが、
11月4日のこの記事。

三木谷オーナー、マー君残留厳命!米挑戦引き留めへ年俸8億円も
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131103-OHT1T00195.htm

三木谷会長自ら8億円と公言したわけではないようだ。

それでも、「24勝0敗の成績で現状維持はないだろう」と自分も思うので、
例えばソフトバンクの内川が今オフに契約の見直しをしたように、
田中投手にも裁量の余地を与えて欲しいとは思う。

ただし契約は契約。3年12億、年俸4億でびた一文も動かさない考えなら、
契約に順ずるしかない。

1年前の記事が正確なら、3年間現状維持のまま「球団と話し合うことができる」権利を得ただけであって、
これに合意したのは本人の責任となる。

それが不服なら、早いうちから代理人を雇い、エージェントを通じて有利な条件を引き出すのが
術だろう。

まぁこの話は、年俸の見直しで落ち着くだろう。


もう一つ、然して現実的な話題ではないかもしれないが、

楽天が20億円以上を手にする“秘策”。「パッケージ・ディール」って何?
http://number.bunshun.jp/articles/-/770424

ここに書いてあるアイデアを、「いかにもアメリカらしいアイディアだと思う」と片付けてしまうのは
かなり無理がある。

パッケージディールという言葉ではなくても、
かつてNPBのドラフトでも、有望な高校生や大学生を獲得するために、
チームメイトも抱き合わせて入団させてもらうような話もあったと聞いたことがある。

ただ、この話もラテンアメリカの選手も、「同じプロの世界に入りたい」という希望を持った、
要するに抱き合わされた選手の願望も叶えることに道義が発生しているはずだが、
田中投手のために自分の野球人生を無駄に出来るプロ野球選手って、果たして存在するのか?


田中投手と同じ楽天に在籍する選手の中で、
球団が不要と判断し、尚且つMLBのフィールドでプレーする希望を持つ選手。
万が一の可能性でいるかもしれないが、そんな選手は先ずいないだろう。

そもそも、膨大な野球人口を抱える日本において、年間100人前後しかプロの門を潜れない世界で、
「人柱」となり得る選手など、存在しないと考える方が自然である。

アメリカ人の記者ならいざ知らず、日本のメディアでこんな記事をトランスレートしてしまうのは、
リスペクトに欠けてやしないだろうか。

こうした裏工作や、夕刊フジで面白記事が出てくるのも、
今回のポスティングでは楽天が主導権を握り、
そして楽天の姿勢に隙が見られないからだといえる。


それだけ、立花社長を始めとした楽天の主張は筋が通っていると解釈して良いだろう。


だがしかし、これら以外の別の条件が入ってくると、例え残留で筋が通っていても
田中投手をポスティングに掛けないことが100%覆されない理由にはならない。

一つに、為替変動の問題がある。
現在は円安が進み、今日の時点で1ドル=104円程度だが、
1年前では1ドル=89円程度。
過去5年間の1月時点での変動幅は、76~107円。
http://ecodb.net/exchange/usd_jpy.html

これを2000万ドルで比較すると、最高は21億4,000万円だが
最低だと15億2,000万円にしかならない。

移籍金はドル立てで入金されるだろうから、これをいつ、どのような形で
運用するのかは楽天という会社の判断になるわけだが、
為替の変動が影響するようだと、外部からでは見分けがつかなくなってしまいそうだ。

それと、パッケージディールなんか採用しなくても、MLBの獲得球団と楽天との間で
、球団ビジネス以外の範囲で何らかの取り引きが発生すれば、悪くはない案件となる可能性もある。

それらが裏金という不正金ではなく、ポスティングを通じて縁が出来たということで
ビジネスを発展させたという理由にもなれば、処罰の対象から外れることも不可能ではないだろう。


自分が想像出来る範囲はここまでが限界。

出来る事なら、野球のビジネス上でのみ勝負して欲しいが、
他の事業をも噛み合わせれば成立する可能性があるなら、
一企業がプロ野球チームを持つことによる恩恵にもつながる。

それが良いのかどうかは、今は判断がつきかねる。

しかしこれは、田中投手のポスティングがそれだけ大きなビジネスに発展していることの裏返しでもあり、
何だかんだいっても、少し前までは紳士協定しか存在しなかった日米の野球組織の間で、
多くの批判に晒されながらも、制度を発展させてきたらかであると理解している。

これだけは決して間違ってはいないと思う。

田中将大ポスティングの是非1

最初に自分の願望及び考えを示しておくが、
田中将大投手のメジャー挑戦については、今オフでの移籍は避け
FAまで残り1年となる来オフにポスティングを申請してもらうか、
或いはFA権利を得てから考えて欲しいと思っている。

そして、最大の希望はFA権利を得た年に、FA宣言するのではなく
ポスティング制度を利用してメジャー挑戦するのが望ましいと思っている。

理由はまず、ポスティングを利用した際に、球団にもたらされる見返りと、
これまでの時系列を踏まえた「売り時」の見極めによるものである。

今オフの騒動では、この時系列があまりにも無視されているような、強い憤りを感じる。

今まで、日本の球団がポスティング制度を利用して自軍の中心選手たちを放出してきたのは、
「夢を実現するサポートをしたい」というのは完全な建前で、
実際のところは、その選手が引退するまで抱え続けることが出来ない、
つまり年俸の高騰を抑えきれない理由から、止む無く選手の希望に応じる形をとってきた。

もしくは、FA権を手にする前の時点で、球団に引き留める意思がない、見込みがない場合に、
何らかの見返りを期待して制度を利用してきた。

楽天と田中投手の関係は、もちろん前者。この理由に加えて、過去の例として残っている
落札金の相場を見込んだ上、両者の利害は昨オフには一致しているかと思われた。

ここで注意したいのは、楽天と田中投手が「いつ、ポスティングを利用するのか」についてである。

FAまであと何年かという計算は、球団のビジネスプラン上ではもちろんのこと、国内野球のファンにとっても
「国内であと何年、見続けられるのか」という、非常に大事な観点なのだが、
今回の騒動では、これが完全に置き去りにされている。

例えば、こんなものがある。

入札額20億円でも、楽天は田中将大のメジャー移籍を認めるべきか?
http://number.bunshun.jp/articles/-/767902/feedbacks?per_page=10

このサイトでは、読者の意見を集めながら投票の形式を取り、この件に関する世論を形成しようと
しているのだが、知ってかしらずかFAまで残り2年か1年かの選択が行われていない。

よって、年俸上のバランスや、田中投手が国内プレーする需要に全く対応していない、
無暗に世論を誘導しようとする悪戯をしているのと同じように見える。


ポスティングの新制度が発効された以上、今後議論の対象となるのは、楽天、田中投手、そして日本の野球ファンである。
MLBとその球団、そしてプロ野球選手会などは、今の段階では議論の対象外となるはずだが、
このタイミングを利用して選手会に近い関係者から、こんな意見が出されていた。

ポスティング上限20億は安いのか?~新ポスティング制度の正しい理解~
http://blogos.com/article/76413/


これは、選手本来の権利に基づく、ポスティングへの適正価格の提案、制度の是非について思われるが、

「世界に例をみないような長期の拘束を許す保留制度、
人身売買の典型のようなポスティング制度が異様に感じてくるのは私だけだろうか」

という下りを読んでしまえば、制度そのものに悪意を感じ、その制度を利用して
利益を確保しようとしている楽天、そして新制度によってその利益が目減りしたため、
今オフに田中投手を放出しない可能性が出てきた楽天に対するネガティブなイメージが完成する。

これも世論を誘導する目的とした、恣意的なタイミングでの論理と言わざるを得ない。


今、このタイミングでこれらの情報は一切無視すべきだ。

石渡氏の主張は、選手本来の権利を考える上では重要なプロセスになることは違いないが、
新しいポスティング制度が発効された以上、今オフの楽天と田中投手の関係は、
この制度に沿って考えるべきであり、結論につながるものではない。


FAまで1年か2年、年俸が払いきれるか、それまで楽天ないしは国内の球団で田中投手が見たいかどうか。
これが今直面しているテーマである。


一方、田中投手の立場を考えると、今オフは願ってもない「最高にお願いしたいタイミング」となる。

24勝0なんてとんでもない記録を作り、チームもとんとん拍子で日本一となった。
球団に対する義理は果たし、球団が容認の構えでいたことは定かではないが、
自身の価値は今オフ絶頂期となった。

さらに、新制度では複数球団との交渉が可能となり、
事実上の海外FA権を手にしたといっても良さそうな同投手の市場価値は、
日本人選手としては歴史的な契約が提示されそうな可能性もある。

球団の収入が目減りする分、選手にはそれが跳ね返ってくるのだから、
両者が対立するのは当然の話。
短期間で結論を出せというのは、ちょいと厳しい要求ではないかと思う。

楽天が今オフにポスティングを認めなければ、この最高の売り時を逃がすのは紛れもなく田中投手で、
それを部外者が不満に思うのは自由だが、
だからといって「楽天は田中投手を放出すべき」との論にはつながらない。
ファンの立場なら、「誰を、何処で観たい」と訴えるのが筋であり、
ビジネス上の損得勘定や世論を持ち出すのであれば、
絶対に主観的であってはならない。

客観的な世論でなければ、それは無視して構わないだろう。

これらを踏まえた上で、楽天(の立花陽三社長を中心とした)や田中投手のインタビューへの返答は、
慎重かつ良く練られたもので、つくづく頼もしいと感じる。
これは、球団の誠意がじゅうぶん通じていると理解しても良さそうだ。

単純に、金銭的に抱えられないという理由で、大した交渉もせずポスティングに踏み切る球団。
自分が後にしたチームのことを一切考えない選手。

こんな関係が続くようであれば、ポスティング制度もただのオークションにしかならないが、
今回の楽天と田中投手の駆け引きは、ある意味騒動のお陰でもあるが、両者の希望そして利害が
ファンにも理解出来るレベルで進展している。

以前、立花社長が語っていたコメントに、こんなものがある。

「(本人が)残る、残らないというのは(最終結論)でなく、申請するのはわれわれ。
彼の希望を聞いて申請するかどうかを判断するのは球団。言葉が一人歩きするのが怖い」
http://www.daily.co.jp/baseball/2013/12/14/0006570492.shtml


これがポスティングの筋道であり、部外者がポスティングを認めるべきかどうかという考えは、
極めて論外。ファンなら、希望を訴えるのみである。

ポスティング新案に関するツイートのまとめ1




















































































プロフィール

haus

Author:haus
Twitter@hausmlb

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。