スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jesus MonteroとMichael Pinedaのトレード

去年、今年と静かなオフを過ごしていたヤンキースが、久々にブロックバスターな補強を展開した。

Jesus Monteroは生粋の強打者。守備位置が曖昧になっている点から
これまでにもCliff Leeとの商談など、トレードの噂を盛り上げてきたプロスペクトではあったが
今回シアトルのMichael Pinedaを含めた2対2の交換が成立。
これがまた実に、両チームのニーズと合致したトレードとなった。


ヤンキースのプロスペクトを見れば捕手に逸材が多いのは一目瞭然で、その中でもMonteroは
打撃に比重が高い選手だったため、場合によっては手に余る存在になっても不思議はなかった。
だからこそトレードの噂が絶えない理由だったのかもしれないが、本職の打撃があまりにも
ハイレベルなため、ブライアン・キャッシュマンGMが(放出に対し)なんども躊躇したのは
想像するに事欠かない。

自分もそれなりに注目していたが、メジャーに昇格した段階でその魅力は充分伝わった。

MonteroはMiguel Cabreraと肩を並べる存在になる。
贔屓目が全く無いのに、そこまでいわせてしまう。


http://www.youtube.com/watch?v=ExM3Gnl5U4o&feature=fvsr

これはMonteroのデビュー戦となったゲーム。相手はJon Lester
ヒットや本塁打ばかり見ていると過信しがちになってしまうので、
こうした凡打のシーンも織り交ぜたRecapの方が参考にし易い。

http://www.youtube.com/watch?v=XRCyxTFBZIs&feature=related

こちらはポストシーズンの初出場ゲーム。
前のビデオは右方向、こっちは引っ張った打撃。


言うなれば、左中間のだだっ広いヤンスタで30発叩き込める可能性がある、数少ない右打者になった
に違いない。そんな選手が同じく右打者地獄のセーフコ・フィールドでプレーすることになる。


見返りとして放出したPinedaは、こちらも怪物の一人。
既に昨年デビューし、ほぼフルシーズン働いたので詳細はスタッツ君にお任せしよう。


このトレード、Win-Winとなる可能性が非常に高い。
シアトルは再建中に付き(施工期間が随分長いようだけど)、最大の課題とも言える右の強打者を手に入れ
ヤンクスは即効性と将来性を兼ね備えた素材を手中に収めた。


ただしMontero、Pineda両選手にとっては個人成績を残す上では厳しい環境となった。
30発打てそうなのが25発、ERA2点台で行けそうなのが場合によっては4点台となるかもしれない。
また、両者とも順調に伸びて行く保障まではないので、数年後に明暗が分かれても全く不思議ではない。
そうした意味では両GMのクビを賭けた商談のようにも見える。


シアトルは自前の打者が全く出てこない環境となってしまった反面、投手のプロスペクトは着実に育っている。
その中でもJames Paxtonは大柄なレフティで、ピッチングフォームがAndy Pettitteに似た点が気になる存在。




ついでといっては何だが、Hak-Ju Leeという韓国人プロスペクトがタンパベイにいて、
これがまたえらい評判が良い。守備位置はショートなので、
アジア人の内野手適正を見るには格好の素材となるやもしれない。

そのレイズにはもう一人、Chris Archerがメジャーに定着するかどうか。
今オフもFernando Rodneyという、何時でもバトンタッチ可の補強を行なっているので
ここにも注目。

プロスペクト全体としては、カーズのSherby Millerが一番楽しみ。


あと、ジオゴンとのトレードでA'sに移ったBrad Peacockも期待している。
http://www.youtube.com/watch?v=3HkDUD_cwj4&feature=fvsr

素材的にはどうってことないが、センスの良さを感じる投手。
同じオークランドだし、Tim Hudsonのようになってくれると嬉しいんだが、さて。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

モンテーロはカブレラ級になる可能性があるとたいしたモンテーロの打撃を観ていないのに言ってたんですがハウスさん(ハウスさんでいいのかな?)が仰るなら自信を持てました。

もったいないなあとは思いますけどね。

No title

アトムさん、わざわざ遠いところまでお越しいただきまして。
名前はその通りでス。

URL上の打撃だけを見ても、いろんなコースに対しスムーズにバットが出ていますよね。グリップも割りと動かしているし、そういう意味ではミーカブやマット・ホリディ、バスター・ポージーなんかに通じる部分があると思うんですよね。

ピネダは想定される限りでは最高の交換相手だったんじゃないかと思います。

No title

あまりコメントはしないですがハウスさんの記事は楽しみにしてますのでこれからも宜しくです。

No title

自分も時間と余裕のあるときくらいしか更新しないとは思いますが、これからもよろしくです。
プロフィール

haus

Author:haus
Twitter@hausmlb

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。