スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TARKUS

NHK大河ドラマ「タルカス」で挿入曲となっている「清盛」という曲についてだが。
あれ、なんだかおかしいなぁ。

毎週6000万という大金を注ぎ込んみながらヒーロー列伝という見せるというのも
何だが、それ以外にも中井喜一のシャキとした演技や、見所は色々とある。
松田聖子を見ると納豆が喰いたくなる、他意はない。

そしてタルカスだ。エマーソン、レイク&パーマーだ。

EL&Pといえば、「悪の教典#9」みたいな仰々しいタイトルも特徴の一つではあるが、
端的に言えばわかり易いプログレっつーことになる。

だいたい、このバンドはキース・エマーソンのプロジェクトに雇いのボーカルが入って、たまにソロタイムを
任される時間を設けてもらい、ドラムはバックバンドだ。当時はこれでトリオが成り立っていた。

私自身、プログレのムーブメントはリアルタイムではなかったものの、高校時代に良くハマっていた。
中でもEL&PとYESは最もお気に入りのグループで、楽器をやっていたせいもあったのだろうが、
とにかく演奏主体の音楽に胸熱だった時期が続いた。同じプログレでも、King Crimsonは敷居が高く感じ、
Pink FloydとGenesisは文科系的なのがちょっとついていけなくて、
言うなれば体育会系的プログレのファンだったということになるのかな。
バイト先の友だちで末期症状的なマニアがいて、よくレコードを貸してもらっていた。

タルカスとは、EL&Pの2ndアルバムのタイトルチューンであり、また20分を超える楽曲の集合体。
妄想上の生き物が由来となっていて、普段特に何かをするわけではなく、悠々自適に暮らしているらしい。
メインテーマとなる「Eruption」が清盛の挿入部分になっているので、耳にした人も多いだろう。
ここはエマーソンの独壇場で(といっても全編そうなるが)、リズム隊は取り敢えずユニゾンで合わせとけっていう程度。
この部分のドラマチックな展開が劇中にマッチすると踏んだのだろうなぁ。聞き心地抜群。

テンポがスローになってからが「Stones Of Years」の始まり。昔はやっと歌が出てきたと安心したものだが、
今ではちょっと退屈な部分。ここでのムーグシンセによるソロパートがちょっとたどたどしい。
プログレの人達って、リズム感覚を無視して音数を詰め込む習性があるみたいで、
スタジオテイクでも余裕で外してくることが多い。

再びメインテーマのベースラインが登場してくると、確か「Iconoclast」じゃなかったか。
ここでもグルーブ感がヨレる。そこを踏み越えて聞くのがプログレファン。
変調した部分から「Mass」の始まり。再びボーカルパート。歌詞は巡礼をパロった内容とでもいうのか、
その辺が70年代という気がしないでもない。「Manticore」のタイミングはちょっとわからないままだが、
上昇フレーズの入ったユニゾンパートの辺りだと思う。

スローテンポがまた始まって「Battlefield」。ここはたっぷりと時間を掛けている。
やっぱりタルカスは闘神の化身だったのか?
そして凱旋行進を連想させる「Aquatarkus」へ向かう。
エンディングはEruptionに戻ってフェイドアウト、じゃなかった奇麗にフィニート。

と、構成や歌詞は余り深く考えずに聞く方が良い。
楽曲自体がとてもポップなので、フリーランスなソロパートと前のめりなリズムに違和感が無ければ
そのまま突っ走っていけるだろう。

EL&Pといえば、エイジア。これもツボったバンドだった。
産業ロックアンチという人種もいたが、そうじゃなくて集金ロックだったのだけれど。
ここのJohn WettonとSteve Howeという人達はご贔屓のミュージシャンで、
良質のボーカルとやや中毒性の高いギターが決して絡み合うわけではなく、拡散した状態が
売り物のグループだった。
そのエイジアのTime Againという曲を、日本の女子学生がエレクトーンで演奏している動画があった。
恐らく課題曲か何かの発表なのだろうと思うけど、これがまた凄かった。
一人三役でベースライン(ペダル)からファズったギターサウンドまで再現していた。
演奏自体の感想はちょっと控えたいが、Howeの変則5連フレーズに果敢に挑んでいるのが凄まじい点。
エレクトーンという楽器がここまで楽曲をカバーするものなのかと初めて知り、いたく感動した。


最後に、清盛が舞を披露する場で剣をブッ刺すシーンは、あれキース・エマーソンの影響じゃないかね?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haus

Author:haus
Twitter@hausmlb

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。