スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球選手会看破マニュアル

【NPB選手会の主張は正しいか?】

結論からいえば、正しくない。

【選手会のHPによると、日本企業の出したスポンサー料が1円も支払われていないという】

直接支払われていないだけで、各組織に分配されるWBCの収益としてなら受け取っているはずだ。

【本来、日本に帰属すべき代表チームのスポンサー権、代表グッズのライセンシング権が、アメリカに帰属してしまう、非常に不合理な条件はおかしくないか?】

後述しなければならない点もあるが、WBCには「代表チームのスポンサー権」は存在していない。
協賛企業が出資しているのは全て大会スポンサーであり、その権利はWBCに帰属する。

【五輪やサッカーW杯のようなシステムがWBCにないのがそもそもおかしい】

日本のような国から見れば、その方が望ましいのかもしれないが、国内のプロリーグが存在しない国や
市場が出来上がっていない国が大会本選に出場する現状からみて、収益上でWBCIがセーフティネットとして機能する必要がある。

【その件でどうしてNPBはアメリカと交渉しないのか?】

交渉はしている。ただし、アメリカではなくWBCIという運営母体に対して。その結果、大会期間以外での
代表チーム活動に制限を設けない約束で「侍ジャパン常設化」が考案された。

【でも、侍ジャパンの試合なんて見たことないぞ】

それは知らないだけ。今年3月に台湾代表との壮行試合があった。

【MLBはWBCで設けるために日本代表を利用している】

設けているのはMLBだけではない。NPBや日本代表選手も立派に収益を受け取っているはず。

【話によると、スポンサー収入の70%が日本企業からだそう。日本代表がいなければWBCは赤字だったのでは】

確かにそれは考えられる。だからといって、日本代表チームが規定以上の報酬を受け取れる理由にはならない。

【日本代表にお金がいかないのに、WBCに出資する日本企業もおかしい】

日本企業の中には、日本でしか活動しない会社ばかりではない。パナソニックはロンドン五輪の
公式スポンサーだが、その広告料はIOCには渡っていない。

【前大会で、日本マクドナルドやアサヒビールは「侍ジャパンを応援します!」と宣伝していた。この権利は?】

広告料は主催者に渡る。従って、NPBや選手会に直接入るものではない。

【MLBはWBCで設けているくせに、東京ラウンドは読売新聞と電通に押し付けた】

読売新聞社は東京ラウンドの主催者となっている。よって、日本も分配金以外で収益を挙げるチャンスは確実にあったし、次回大会でも主催者となる模様だから、収益は確保されているものと思われる。

【日本のテレビ局が赤字だという点については】

そこまでは面倒見切れん。

【肖像権について。選手個人の名前やサイン、写真などが入ったグッズが日本に帰属されないのは不思議だ】

この点で、プロ野球選手会はNPBに対し肖像権の訴訟を行ったことがある。NPBの統一契約書の中にある第16条では、

第16条(写真と出演)
球団が指示する場合、選手は写真、映画、テレビジョンに撮影されることを承諾する。なお、選手はこのような写真出演等にかんする肖像権、著作権等のすべてが球団に属し、また球団が宣伝目的のためにいかなる方法でそれらを利用しても、異議を申し立てないことを承諾する。

となっており、NPB内でも選手の肖像権はすべて球団に帰属されている。因みに、MLB選手の肖像権はMLB選手会が一括で管理しており、選手個人には選手会から分配金として適宜支給されている。

この件については、まずはNPBとの決着を優先して欲しい。何故なら、そこでまた揉めることが明らかだからだ。

【アメリカのアメリカによるアメリカのための大会ということは、収益金の66%がアメリカに渡っていることで明らかとなっている。あまりにも不公平だ】

何度も言うが、アメリカ=WBCではない。66%という数字は、大会収益を100%として、その中から大会賞金の47%を引いた分(53%)から割合を求めたものである。そこからMLB33%、MLB選手会33%を合わせて66%という数字が算出されているようだ。

この割合が不公平だと思う人は、「イチローのWBC参加報酬は誰が支払っているのか」を考えてくれたまえ。言うまでもなく、イチローはMLBの選手だから参加報酬はMLBから受け取っていることは間違いない。他にもMLBから派遣された日本代表選手は4名いて、彼らの参加報酬もまたMLBからの支払いだろう。

そして日本以外にも、カナダ(9名)、メキシコ(11名)、ドミニカ共和国(20名)、ベネズエラ(16名)、プエルト・リコ(16名)、オランダ(1名)、パナマ(3名)、イタリア(1名)、韓国(1名)らの国へ派遣されたメジャーリーガー達の報酬、MLB傘下のマイナーリーガー(108名)の参加報酬もMLBが賄っているといって良い。

【それでも優勝国の日本が13%というのはあまりにも少ない】

日本が優勝したことによって、大会賞金の22%に相当する金額が代表チームの手に渡っている(NPB経由かどうかはわからない)。また、13%といっても、前述したMLBの派遣人数がメジャー、マイナー合わせて219名。対するNPBは日本(24名)、韓国(1名)、台湾(1名)、中国(1名)、プエルト・リコ(1名)の計28名と、分配された収益の使い道として最も大きな参加報酬を考えると、逆に不公平なのはMLBといいたいくらいだ。

【選手会のHPによると、優勝賞金を含めてようやく黒字展開したと書いてある】

赤字が困るのなら参加報酬を削るしかない。ビジネスセンスの問題。

【選手会HPでは、WBCが代表ライツを認めても十分運営可能で利益も出るといっている】

ということは、優勝賞金がもらえずさらには選手一人あたりの分配金も少ないMLBが、NPBよりも遥かに高い年俸のメジャーリーガーを派遣しても採算が成り立つといっているようなもの。

【国の威信をかけて行う大会が金まみれなのは許せない】

威信が掛かっているなら、なおさら金が大事。選手達は、故障の懸念はもちろんのこと、結果によっては
自分の価値が大暴落するリスクを背負っている。北京五輪が好例。

【WBCはオリンピックのようなクリーンさが見えない】

それは見せ方の問題か、本人の見え方の問題。

【WBCは真の世界一を決める大会なのに、アメリカは本気ではなかった】

それは錯覚か、アメリカ代表の選手を良く知らない可能性がある。
或いは、日本代表の執念に押されてそう見えたのかもしれない。

【辞退者が続出した件については?】

時期の問題、人数枠、健康面など準備の整わない点が有望選手を減らした可能性はあるが、
それでも多くの一流プレーヤーが参加したと思っている。それと、報酬面で合意出来ない選手もいたと想像できる。

【ダルビッシュはベストメンバーじゃないっていってたぞ】

ダルビッシュって、その頃メジャーに興味なかったんだろ?

【MLBはWBCの金を使って、世界の野球振興に貢献していると自慢しているが、それは建前なのでは?】

その件については、細かに調べる時間と関心がまだ及んでいないため、強くはいえない。しかし、WBCの収益によって国際貢献しているのであれば、WBCに大きく貢献した日本としては喜ばしい出来事なのではないだろうか。

【そうやってMLBは世界中の有望選手を根こそぎさらっていくつもりだ】

NPBには外国人枠があるんだから、連れてきたって意味ないだろ?

【こんなにWBCで揉めるなら、いっそのこと無い方がマシ】

多くの野球関係者が競技はおろかビジネスの面でも戦っているから揉め事のようにみえる。
大会の有無は別として考える方が宜しい。

【NPBの選手が出なくても、イチローみたいなメジャーリーガーやアマチュアの選手で代表が組める】

それは興味深いアイデアだが、調整が非常に難しい。また、参加権を持つNPBがスムーズに派遣を要請出来るのがNPBの選手。機構にその手腕があるかどうかが鍵となるだろう。

【日本の不参加が決まった場合、MLBから賠償金の請求があるともいわれているが】

その件についてもあまり覚えはないが、今回の件で多くの日本人が混乱し、主催者に対する大きな誤解が生じているのは明らか。国民が騒げば騒ぐほど、主催者並びに出資企業のイメージを傷つけたこととなってしまい、次回大会の宣伝効果が疑問視されても不思議ではない。そうなると、出資予定だった企業がスポンサーから降りたり、広告料の引き下げを要求する可能性は否定出来ない。

もちろん、参加の権利を持つNPBが正式な参加表明をしているため、それに対するペナルティは大会規定内に基づいて違約金が発生するか、或いは法的な解釈を必要とするかもしれない。この点については、NPB選手会はノーリスクだ。

不参加となった場合、最初に困るのはWBCIだが、NPBは当然のこと他国の組織も大いに迷惑するだろう。事態によっては、国際的な信用はおろか、過去2大会で勝ち取った実績からくる信頼をも失うかもしれない。

【新井会長は「将来のために不参加を表明した」と発言している】

具体的な理由が説明されていない。今のままではこの発言は受け入れられない。


【本当に日本は出ないの?】

何だかんだいって出るでしょ。

【WBCなんか消滅すれば良いのに】

亡くなったら日本の連続世界一も抹消、イチローの決勝打も記憶に残るだけ。
さらに、過去2回のアメリカの無残な戦績も闇に葬られる。

【どうすればWBCは良くなる?】

理想をいえば潤沢な資金ということに尽きる。NPBとの折衝も、日本企業以外からの出資が多くなれば次第にモノがいえなくなり、例えば韓国のサムスンやLGみたいな企業が出資してくると、日本としては対処が困ることになるかもしれないが、大会としては万々歳の方向になるだろう。


【お前は非国民か!】

非国民と、非常識人。どちらしか選べないとすれば前者だ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この記事をわたしのブログで紹介させてください。

リンク貼らせていただきますので事後承諾お願いします(笑)

No title

リンクの件、了解しました。

アトムさんのブログなら安心できます。
よろしくお願いします。
プロフィール

haus

Author:haus
Twitter@hausmlb

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。